矯正歯科,大田区,矯正治療,蒲田,噛み合わせ −ささき矯正歯科−

開始時期について

治療の開始時期について

治療の開始時期について「矯正治療はいつ開始したらいいのですか」というご質問はよくありますが、成人の方の矯正治療においては、歯を支える骨が健康であればいくつになっても治療は可能ですので、開始時期はあまり迷うことはないでしょう。
難しいのは、歯がどんどん生え変わっていく時期の子供の治療開始時期です。
もちろん早ければ早いほど良いというわけでもなく、かといって必ず全ての歯が永久歯に生え代わってからが良いとも言えません。
子供の矯正治療の最終目的は、その子の将来の永久歯のきれいな歯並びと噛み合わせを作り、お口の機能を正常にし、美しい口元、顔貌を作り出すことです。
もちろん適切な時期に開始して治療にかかる期間も短い方が良いわけですが、その最終ゴールに向けてその時の状態から歯の生え変わりはもちろん、上下顎の骨の成長発育も予測していつの時期に何をするべきかを診断しますので一概に何歳くらいが良いとは、申し上げる事は、難しいです。

以上の理由から、矯正治療の開始時期は、一人一人その状態によって違ってしまいます。

治療の開始時期について 顎の成長や、生え代りが、ある程度決まった永久歯萌出完了に合わせて開始するほうが良い場合も多いですが、 早期に治療を開始したほうが良い噛み合わせの方もおられますので、疑問があれば、まずは、矯正の専門医に相談して、なぜ今開始したほうが良いのか、または、なぜ、今は、開始しないで、いつの時期にどんな事をやるのが、良いのかをよく理解した上で安心して将来の目標に向かって管理することが大切だと思います。

噛み合わせが、体に与える影響は、見た目の良し悪しだけでは、ありません、小さい頃からの指しゃぶりや、舌や、お口の癖なども将来の顎の成長や噛み合わせに影響を与えますので、是非小児矯正として早期に治療を行なったほうが良いと思われる人(噛み合わせ)でお子様の状態をチェックしてみて下さい。

生え変わり途中の子供の矯正治療の目的

  • ●今回早期にその治療を行うことによって将来、治療の必要がなくなる場合や、仮に将来再度矯正治療を行う場合においても簡単に行える場合、また抜歯をせずに行えるようになる場合の治療。
  • ●その歯並びを放置することによって顎や顔などの骨の成長発育に悪影響を及ぼす場合、早期にその悪影響の改善を行い更なる悪化を防ぎ正常な成長発育うながす。
  • ●一定年齢以上になっても残っている指しゃぶりや、舌の癖などによって起こる歯並びや、顎の骨に与える悪影響の改善のための治療。

早期に治療した方が良いと思われる人

  • ●唇に力を入れないと口を閉じることができないほどの出っ歯
  • ●受け口(前歯の反対咬合)
  • ●下の歯と上の歯の中心が顎ごと左右にずれている場合
  • ●指しゃぶりがあったり舌の使い方に問題がある場合
  • ●デコボコがひどく歯ブラシや、対合歯との噛み合わせに問題となる場合
  • ●将来できるだけ永久歯を抜かずに矯正治療をしたい場合

上記以外にも心理的な問題や外傷の危険などから必要な場合もあります。
治療開始時期については、この他にも転勤や受験など社会的な問題も考慮して考えなければいけません。

治療開始の最適な時期や方法は、その年齢や、症状によって異なります。子供の不正咬合に気がついたら、まずはなるべく早くに専門医に診てもらい将来のことも含めて相談いたしましょう。

Page Top

無料! メール相談ささき矯正歯科

皆様の笑顔のために!
矯正歯科,大田区,矯正治療,蒲田,噛み合わせ −ささき矯正歯科−
東京都大田区蒲田5-11-8 千代ビル3F
Copyright (c) ささき矯正歯科. All rights reserved.